体内でのカンビノイドの重要な役割NEWS

2023.06.30

体内でのカンビノイドの重要な役割

近年、偏頭痛、筋痛症、炎症性疾患、自己免疫疾患、うつ病、ストレス障害、などの病気が生活習慣の悪化や現代社会のストレスが原因で増加していると言われています。
それを受けて専門家たちの間は、カンナビノイド受容体の不調や内因性カンナビノイドの不足が病気の発症に関連しているという仮説が有力視され始めています。

※カンナビノイド受容体は、鍵穴のような存在であり、内因性カンナビノイドがその鍵のような役割を果たしています。

カンナビノイド受容体と内因性カンナビノイドは、私たちの神経・免疫系のバランスを調整し、健康を維持するために重要な役割を果たしています。このシステムは人間だけでなく、鳥類、哺乳類、魚類、爬虫類など、さまざまな動物に存在しています。

 
※人間の体内には、カンナビノイド受容体が存在し、脳、神経、臓器、筋肉、皮膚、血管、骨など、体のさまざまな部位に広く分布しています。

カンナビノイド受容体の不調や内因性カンナビノイドの不足により、偏頭痛、筋痛症、炎症性疾患、自己免疫疾患、うつ病、ストレス障害、などの病気が引き起こされる可能性があります。したがって、これらの病気を改善するためには、内因性カンナビノイドの不足を補うために外部からCBDやカンナビノイドを摂取するのが効果的です。

カンナビノイドは、睡眠、食欲、炎症、不安、緊張など、私たちの身体機能の調整に関与しています。カンナビノイドは私たちがリラックスし、食事を摂り、睡眠をとり、ストレスを忘れるためのシグナルを伝える役割を果たしており、生命維持と心身の健康維持においての基本であり欠かせない存在です。

総合的に言えば、このシステムは体内のホメオスタシス(バランスの維持)をサポートし、病気や老化を防ぐ役割を果たしています。

これはまだ仮説の段階であり、科学的な研究が進行中です。しかし海外での合法化の波に伴い、国内外で、医学界と学術界ともに議論と研究は劇的に広く深くなってきています。
カンナビノイドについての正しい理解は、政治的なステレオタイプを取り除き、病気の治療や予防のアプローチに新たな可能性をもたらすでしょう。将来の研究によって、カンビノイドの役割や治療への応用がより明確になることが期待されています。